6年生薬剤師養成課程

薬剤師になるためには、基本的には6年生の薬剤師養成課程を履修する必要があります。
薬学は、幅広い知識が必要となります。
何もわからない状態からスタートするという事はできないので、学校で基本的なことから学ぶことが必要です。
薬剤師として他分野から未経験で就職するのが難しいのは、そういった知識の壁があるからとも言えます。
まずは知識を付けないと薬剤師としての道は見えないと思った方が良いです。

学校では、薬学の他に様々な分野の薬の知識、医学の知識などを学んでいきます。
学習する範囲が広範囲になるので、年数も普通の大学などとは異なり、6年生のものが基本となっています。
昔はある程度薬剤師になるのも年数がかからなかったのですが、より高度な知識と薬剤師を養成するため、6年の期間学習した人にしか、国家資格を発行しないようになっています。

参照サイト〈都築学園
薬剤師の資格を取得できる薬科大学を運営しています。

薬剤師として活躍するためには、6年制の学校を卒業し、なおかつ資格を取得することが必要となります。
資格は、学校で勉強した知識が頭に入っていれば、そこまで過酷というほどではありません。
もちろん惜しくも合格できない方もいますが、基本的な知識と応用、そして薬に関する知識があれば国家資格も取得できます。
もちろんこれは、在学者で真面目に勉強している学生に言えることです。