4年生薬学後大学院へ

6年生薬剤師養成課程が基本的な薬剤師への道ですが、他にも方法があります。
それは4年生で基本的なことを学び、その後薬学を学べる大学院へ進学するという事です。
これによって、学習する年数は6年を超えます。
期間が問題ではないですが、この方法によって薬の知識を増やしていけば、薬剤師の資格も取得できます。
ただ、6年生薬剤師養成課程より、イレギュラーになることは忘れてはいけません。

大学院の場合は、教えてもらうというより、自分で研究していく姿勢も重要となります。
一方的に知識を増やすのはもちろんですが、自分で考えて行動する力も身につけておくと、より薬剤師になってから活躍することができます。
病院などで働きたいという方は、患者とのコミュニケーション能力も必要になるので、人と関わることを積極的にすることなども有効です。

また、ドラッグストアなどで働きたいと考えている方は、接客スキルなども必要になるということを頭に入れておきましょう。
そこまで大変なことではありませんが、接客については実際に働いてみて確かめておくのも良いかもしれません。
薬剤師を目指す学生優先して採用しているドラッグストアのアルバイトなどもあるので、そちらも検討してみましょう。